♪Ceremony of Carols♪

   (∩v∩/)♡こんばんは♡(・v</)

   いろいろ行事があって忙しく、
   気付かないうちに12月になっていたという感じです。

   今月はウチに誕生日の子が2人もいて、クリスマスもあるし、
   たいへんですよもう(お財布の中が・・・)(_ _lll)ァハハ・・・

   それはさておき、この時期になると、
   クリスマス定番の曲というのが街のあちらこちらで流れてきますよね。

   私はやっぱり超定番 Wham!の『LAST CHRISTMAS』、大好きです!!
   イントロ聴いただけでo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク
   毎年必ず車の中でかけてます。

   それともうひとつ
   大好きなクリスマスキャロルがあるんです。
   イギリスの作曲家ブリテン作
   「キャロルの祭典Ceremony of Carols」
   一般的なクリスマスキャロルとは違って
   日本ではあまり馴染みのない曲かもしれません。

   実は高校時代、必死で練習してコンクールや演奏会で歌った曲
   ということもあり、社会人になっても何度か歌う機会に恵まれて、
   縁があります、この歌。(キリスト教徒ではないのですが・・・)
   というわけで個人的に思い入れが強いです。

   本来この歌はキリストや聖母マリアを讃えているものなので、
   キリスト教徒ではない私にとって詩の内容は理解できるものでは
   ありませんでしたし、歌う意味があるのか疑問でしたが、
   古典英語でもラテン語でもそんなの全然関係なくて
   歌詞にルビを振って必死に丸ごと暗記。
   練習に明け暮れてようやく完成した時は超感動でした。
   とにかくブリテンの曲はスケールが大きく素晴らしいと思います。
    ♬ε(◕‿◕✿ฺ)з


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡Procession入堂♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡

   Hodie Christus natus est:
   hodie Salvator apparuit:
   ・・・・・・・・・・
   今日、キリストが生まれた。
   今日、救い主が現れた。
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:いよいよ祭典の幕明けといった感じです。ユニゾンが特徴です。】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡Wolcum Yole!うれしい主の降誕よ!♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫

   Wolcum be thou hevenè king,
   Wolcum Yole!
   ・・・・・・・・・・
   天国の王よ。
   うれしい主の降誕よ!
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:あまりにも明るい曲で、テンション高く歌わなきゃいけないので
        辛いことがあったときは 歌うのが辛かったァ。
        早朝は絶対に聴きたくない!】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡There is no roseそのようなバラはない♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫

   There is no rose of such vertu
   As is the rose
   that bare Jesu.
   Alleluia.
   ・・・・・・・・・・
   このような徳の高いバラはないよ。
   だってイエスを生んだ
   バラなんだもの。
   アレルヤ。
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:静かに静かにマリアを讃えているといった感じでしょうか】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡Balulalow こもり歌♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡

   O my deare hert,
   young Jesu sweit,
   Prepare thy creddil
   in my spreit,
   ・・・・・・・・・・
   おお、私の愛する心、
   幼い甘美なイエスよ。
   あなたのゆりかごを
   私の心の中にご用意します
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:優しい子守唄。ソプラノのソロの部分がとてもキレイ】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡As dew in Aprile四月の朝露のように♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫

   I sing of a maiden
   That is makèles:
   ・・・・・・・・・・
   私はひとりの乙女について歌いますね。
   それはとても不思議なことなのです。
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:キラキラ輝く感じ。カノンが織り交ぜてあって
         歌っていて気持ちよかったデス。
         中世のイギリスでもっとも有名な詩だそうです。
         全然知らないで歌ってました♪】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡This little Babeこの小さな赤ちゃんは♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫

   This little Babe
   so few days old,
   Is come to rifle
   Satan's fold;
   ・・・・・・・・・・
   生まれて日が浅い
   この小さな赤ちゃんは、
   悪魔たちを
   封じ込めるために来た。
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:凄まじいカノンです。絶対視聴おススメ!
         歌ってて自分がどこにいるのか分からなくなるくらい
         スゴイことになっちゃってます。
         歌うほうは大変なのです。
         聴いたら、一体どうなっちゃってるの?って絶対思うよ。
         ブリテンさん、よくぞ作って下さいました!!】


♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡Deo Gracias神に感謝♫*:..。♡*゚¨゚゚・ ♫*:..。♡

   Deo gracias!
   Adam lay ibounden,
   bounden in a bond;
   ・・・・・・・・・・
   神に感謝!
   アダムは結ばれていた。
   あの約束と結ばれていた。
   ・・・・・・・・・・
   【コメント:いきなり大声でDeo gracias!(デオーグラアス!)
         と叫んだかと思うと、ぼそぼそと小声でつぶやくように歌うんです。
         終盤はデオグラチアス!と何度も、
         これでもかー!というくらいに繰り返し叫び続け、
         ステージからはいかにも聴いてる人が、「もう分かったよ」
         と言いたげに見えてマス。
         
                  誰か止めてェ~~】

                           ※コメントは主観です
                               ョロチク(。・ω・))(。uωu))ペコリ














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック