本物の感謝

帰宅したらブログ書籍化サービスから
メールが届いていました。

ブログを本に残してくれるのかな?

いいかも。
(しかし値段が気になる。。。)


奇しくも本日(日付が変わったので昨日)

実父の手術がありましたので

久々ですが、書き留めようと思いました。



救急搬送されてからというもの

重篤の父を見ながら

胸が締め付けられる思いで

過ごしてきた日々。

その間、いろいろな方々に支えられ

人の優しさにふれることが出来た。

仕事の合間に待機所に励ましに来てくれた友もいる。
(ここで看護師をしていることは今回初めて知った)
ただ黙って寄り添ってくれるだけで心強い。

母友や会社側には救急車で搬送されたことのみ伝えただけであったが

すぐさま祈りのメッセージを届けてくれた。

あとは察して、

皆、ただただ  そっとしておいてくれた。

親の生死と向き合っているわたしに気を遣わせまいと。。。。

多くの言葉は無意味で騒がしいだけと知っている人たち。

だから誰も今日の手術のことは知らない。察するのみの大人の対応。

本当に有難かった。



8時間の大手術が終わって

先生からのお話が有難く

優しい語り口調と

その眼差しと目が合うと

涙が止まらなくなってしまった。。。

そして

まだ意識の戻らない父の寝顔に会い

涙。。。


感謝の涙。紛れもなく。


父は私を育て

先生は

父を救おうと懸命に執刀くださった。


こころの底から

“ありがとうございます”

を思うとき

言葉ではなく

涙が出るものなのですね。


父とチームの先生方が命懸けで教えてくれた

本物の感謝☆






































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント